スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式に参加、バンド演奏も。倶知安第一会館

kekkonsiki kuttyan1
今日は倶知安ホテル第一会館にて、友人の結婚祝賀会。。
だんなさんに内緒で以前から演奏する曲を練習をしていましたが
この日は早めの登板でリハーサルです。

祝賀会は16:00からですが、12時過ぎにホテルの会場で一通り曲を流し
音の調整も兼ね本番前のプレ演奏をしました。
演奏者ということもあり控え室まで用意されてうーんうれしい。。

ただ、リハーサルが終わり本番までの時間も余ったので、
近隣まで食事をしに行きました。
ひらふにあるスープカレーやさんのつばらつばらさんです。
今回は
和風のスープカレーを辛さ6のご飯大盛りで注文です。
鰹節を入れてカレーに風味を足し一気にかきこむ。
辛さがいつまでも口の中を泳ぎまわるほどけっこう残ったかも。。

お店を出る午後の1時過ぎから小雨が降っていましたが、ひらふは
少し晴れ間が見え、太陽に当たった虹がくっきりときれいに見えました。
少し時間をつぶてしからホテルの控え室に戻り
課題曲の音をずーっと聞いて確認。。

メンバーの全員がそろってから披露宴の時間になり
会場へ。
kekkonsiki kuttyan1-1
祝賀会は福島倶知安町長のお話から始まり、何せ景子さん(新婦)のほうは
町長秘書として数年間在籍しており町長も娘のように慕っていました。

ケーキの入刀では倶知安の駅前のお菓子のふじいさんの
シューと似顔絵入りのお菓子がふじいさんみずからワゴンを押して登場。。
高砂席で新郎新婦がケーキ入刀後、
お互いの口に入れる儀式をしました。

その後は役場の仲間の歌やキッズの花束贈呈とか
ひまわりを持って一緒に写真撮影とか
各テーブルの人たちが新郎新婦と集合写真を撮ったり
実に盛りたくさん。。

一度お化粧直しをして、18:00ころに一度控え室に戻り
楽器を取りに。。出番近し。
会場ではそれぞれが楽器を持ってきてお客さんはびっくり。
ほかの企画が行われている間に軽く音の調整をして
新郎新婦が席に納まるまで待機しました。。

二人が席に納まると司会から今回はニセコから
バンドのメンバーが演奏するということで
歌は景子さんがお送りします。というと新郎、会場がどよめき
つかみはおっけーでした。。

曲は福山雅治「家族になろうよ」先ほどまでわいわいしていた雰囲気が
しっかり曲を聴こうと静かになれば余計に緊張でした。
うまくいったかどうかわかりませんが演奏がおわれば
大拍手。。なんとか課題はクリアしたと。。
お客さんの中には泣けてきたという方もいらっしゃったようで
やってよかったね。。(ホッ)

ひとまず、やることをやったので、この後は両親に
それぞれ感謝の気持ちをこめて贈り物をする時間となり
家族を代表して新郎からの挨拶。

以上で会も終了となりました。
いやあ。。楽しかったです。演奏の達成感は気持ちがいいです。

スポンサーサイト

竹野宏一バリトンコンサート イン ニセコ町民センター

konnsa-to1.jpg
ニセコ町民センターで竹野宏一氏によるバリトンコンサートが行われました。
このコンサートはニセコ町文化協会主催によるもので昨年のオーケストラに続き
贅沢な時間を過ごすことができました。。

といいながらも僕の場合は後半の1時間だけでしたが・・

竹野氏はニセコにゆかりのある方で年配の方々はどこそこの親の子だということを
知っているらしい。。ぼくもこのことを聞きました。。

その関係もあってか見た感じは(会場の。)年配者が多いような気が。。

今回の曲の中身は

第1部

1.帰れソレントへ               クルティス  
2.私の命を奪ってください           スカルラッティ   
3.何もいわずに ロッシーニ
4.黒い瞳                    ロシア民謡~ウクライナの詩人による詩から
5.砂山                    中山晋平~北原白秋による詩
6.悲歌(海の幻)
7.郷愁                    箕作秋吉 
8.オペラ「ドン・カルロ」より         ヴェルディ                        
”カルロ様、お聞きください、私は死ぬでしょう”

第2部

1.ピアノ独奏
   クライスレリアーナ 作品16-1      シューマン
   インテルメッツオ  作品118-2      ブラームス

2.城々島の雨                 梁田 貞~演出家、島村抱月が北原白秋に歌詞を依頼した
3.親舟小舟                  平井康三郎~北原白秋の詩に作曲をした。
4.トロイカ                  ロシア民謡~日本名「疾走する郵便トロイカ」
                              よりも原曲に近い悲しい曲
5.オペラ「リゴレット」より          ヴェルディ
  ”悪魔め、鬼め”
6.オペラ「トスカ」より
  ”巡査を3人、馬車を1台、急げ~デ・テウム” プッチーニ

      いずれも女性が悲しい最後を迎える曲です。
      竹野さんから歌う順番を「トスカ」を先に歌いました。 

黄金井脩 ライブツアー2012 イン ニセコ

8月5日
ニセコ町の花火大会が終わり、翌日には朝から会場の片づけの続きをしました。

ステージの解体やら、ロープで囲っていた部分をはずしに行ったり
焼き鳥台を運んだりと、忙しいのは前日と変わらず。。

全部が片付いたのはお昼前。これが終わるとお疲れさん会で
旧商工会館前で焼肉なのですが、僕は昼からコンサートの準備で抜けるので
ここでさよならしました。。

とりあえずはお昼ご飯ということで、今日の主役である黄金井脩さんと
実行委員長とでニセコ町内の、とおのつきさんでランチ。。
koganei syu1

ハンバーグのセットをご馳走になり大満足です。
ここでちょっと世間話をしてから僕と実行委員長とで会場(ニセコ町民センター)へ。

会場にはあらかじめイスのセッティングがしてあり、
これを元にいすを並べる作業を行い、そのほかにも証明関連の設定やら
いろいろと。。

大体のことができたら一旦自宅に戻り、集合時間まで記事やら書いていました。

koganei syu1-1
開場は6時から半ごろまで。今回は受付にお友達やらスタッフ、
そして、黄金井さんが宿泊するホテルのスタッフの方までがお手伝いしてくれて
大助かり。。

知り合いやら、ゆかりのある方(ファンの中には東京から!?)まで100名前後のお客さんが
今回のコンサートに足を運んでくださいました。。

ラジオニセコでもお知らせした、白い骨という曲や戦友、魂唄(たまうた)など、
心振るわせるギターテクニックと静かだけど強いエネルギーに満ちた歌声と
楽しませていただきました。

僕個人かってにバタバタしていたのでCDを買いそびれてしまった。。
時間はちょっと押しましたが、9時前には終了。。

このあとはお店で打ち上げと懇親会をしたのでした。。
帰りはけっこうな土砂降り。。そして自宅に戻ってから近くで雷が落ちてしばしの停電です。。

ひさしぶりだ、こんなの。

不思議な空間

kondou2-7.jpg
ニセコひらふで知り合いから紹介され、
インド音楽のライブがあるとか・・・

そこに夜の6時半過ぎに行ってみました。
ニセコ町の近藤地区にその場所がありました。
現場に行くと車で混んでいて。。
kondou2-9.jpg


kondou2-8.jpg
ニセコで遠隔地でよく見かけるドーム型の
家が会場になっています。
ただ、家の中にしてはかなり広かったなあ。

シタールやカダクと呼ばれる楽器などや
弦楽器を使って演奏。

その奏でる音楽の中でスーフィーの神秘的な踊りもあり
不思議な空間でした。

にせこじゃないみたいです。。
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ポチっとお願いします。
旅先で車内でちょこっと小遣い稼ぎ。
出かけるときは忘れずに!
最新記事
こちらもポチっとお願いします。
blogram投票ボタン
最新コメント
リンク
今ままでの足跡・・
テーマ別一覧です。
好きなテーマを選んでください。
桜 (4)
本 (6)
ノーマルカレンダー
<< 09
2017
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1058位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
94位
アクセスランキングを見る>>
FC2プロフ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
グーバーウォークの成長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。