スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコ町中央倉庫群の再活用にむけて、ワークショップ

soukogun1.jpg
ニセコ町で現在進行中の駅前倉庫群の再活用に向けた、
一般町民参加のワークショップが行われました。
人数を均等にA,B,C,Dに分けて、4グループに分け
そこに進行役と意見が出た時の付箋紙を張る係りが担当になり
話が進められました。今回は2時間のうちで2つのテーマで
話が始まります。。まず1つ目が駅前の倉庫群に対するイメージ
そして、どのように活用したいかとういう2つ目の課題をもとに
それぞれの意見を聞くこととなりました。
まずイメージですが、活気がない、遊ぶところが限られている
雰囲気が暗い、こどもたちで奥まで行くのは危険そう・・というマイナスイメージと
自然が残されていていい。景観がなかなか。古い倉庫群が情緒はいい。。
など、良いイメージも聞かれています。ただ、現在の状況ではただ、そこにあるだけ、
JAさんが倉庫として今現在も使用はしているのですが、
今後の使用方法で今のイメージをどう解決するか。。
そこで第2の課題でみなさんいろいろ好き好きに子を持つ親としての視点
町外から来た方からの意見、地元町民からの意見、若い人からの意見など様々な視点からの
意見がたくさんありました。こどもを持つ親としての意見としては、こどもたちが休める空間
公園、親子で散歩に来てくつろげる場所、多目的で使える場所など。。

これからのニセコでクリエイティブな物を作れる人材を公募して
ニセコの倉庫内でものづくり(食べもの、手芸品、木を使って)を実践していく、
それらを製品化出来た時、産業として生まれ、雇用と仕事が生まれ経済が廻るかも。。
この付加価値がニセコだけにしかないオリジナルのものでまちおこし(活性化)が注目されれば
ほかの行政も見に来るかも。。なんてことも。
そのためにはクリエイターに対して宿泊できる場所を倉庫を使って提供する。
食事は同じ倉庫群で加工場で作った食事などを。。
食事にしても食育から地元の野菜を加工して出来たものを地元の方などに
モニターしていもらい提供できるようであれば商品として起こすなど・・
外国のコミュニティも交えて、文化、観光として日本人と一緒に外国に向けて
倉庫群にのデジタル化をした中継を作り、ニセコの生LIVEをユーストリームなどで
発信することも必要ではないか。。

ものづくりが出来る、文化的な建物、
(ギャラリー、資料館的なもの、ライブ、演劇、音楽ホール的なもの)
これらは地元の人たちが町内にまんべんなく倉庫群のことを分かってくれ
楽しんで使っているということが大事であり、これがないとただの箱モノを作って
あとは出店者などに丸投げという最悪なことになりかねないと思います。
この場所が永遠に世代がうまく回るような使い方が出来るといいなあ。
そして、地元、町外、海外、がお互いの必要なところを補って
倉庫群を運営していくスタイルが出来たらどれだけいいだろうと思いながら
各グループの発表を聞いていました。

このワークショップはこのあと9月16日(月)に行われます。
場所は一緒だと思います。

次回僕は参加できません。。。仕事なので。。残念です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ポチっとお願いします。
旅先で車内でちょこっと小遣い稼ぎ。
出かけるときは忘れずに!
最新記事
こちらもポチっとお願いします。
blogram投票ボタン
最新コメント
リンク
今ままでの足跡・・
テーマ別一覧です。
好きなテーマを選んでください。
桜 (4)
本 (6)
ノーマルカレンダー
<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
106位
アクセスランキングを見る>>
FC2プロフ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
グーバーウォークの成長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。