スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太鼓のイベント~鼓魂東西・倶知安

kokon to-zai1
昨日、倶知安町公民館で太鼓イベント・鼓魂東西が開催されました。
開始時間は11時からでしたが、ニセコでポットラックパーティに行ってたため
午後1時45分からの第2部から見ました。

今回は道内各地およそ、24チーム、遠くは旭川、帯広から
地元では隣町蘭越町から昆布渓流太鼓まで、
ここで演奏するために集まり、熱気ある太鼓の響きが会場を包んでいました。

最近の太鼓演奏は伝統を伝えるもの、そのほかには例えば札幌から来た団体では
銅鑼から、ドラムセットのようにシンバルがついていたり、面白かった。。
太鼓も時代とともに変化するんですねえ。。

ある団体では大人の指導者がいなくて、地域で支援してくれるところも・・

人材的に苦しくても青少年の健全と育成目的で活動を続けているのはほんと立派です。

どんな事情であれ、このような大イベントのために参加してくれる。
羊蹄太鼓の高田緑郎氏の人望の大きさがよく現れていました。

演奏は11時から夕方5時までと長かったですが、いろんなバリエーションと
太鼓の迫力に触れるとあっという間に終わってしまったという印象でした。

昨年、惜しくも故人になってしまった太鼓のロクさんの置き土産でもある
SL太鼓を始めてこの公民館で演奏しました。
現鼓流代表の岡本さん曰く昨年演奏したSLは鈍行でしたが、急行まで進歩しました。
ごらんなってくださいと。

演奏を聴けば一目瞭然でした。
試運転気味でぎこちなかった昨年のエンジンの動きが
今年は出発から期待をいやでも増す勢い。。躍動感もあり
笛の合図で軌道に乗り始めゴールまでまっしぐら。
どこまでもどこまでも進み続けるさまは鼓流さんのこれからをあらわしている
ロクさんの太鼓に対する愛情深さが感じられました。
終わった後の爽快感と一体感。。

この感動をロクさんの言葉でしめたいと思います。。
「太鼓は打つ人の心を読むんだ。 
  上手とか下手とかでないよ、素直に楽しく、大きな声を出して打つと

 太鼓もそれに応えるんだ。

   それがロクさんの太鼓です。  ~~~高田緑郎談
 
ありがとうロクさん。羊蹄太鼓よ永遠に。。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ポチっとお願いします。
旅先で車内でちょこっと小遣い稼ぎ。
出かけるときは忘れずに!
最新記事
こちらもポチっとお願いします。
blogram投票ボタン
最新コメント
リンク
今ままでの足跡・・
テーマ別一覧です。
好きなテーマを選んでください。
桜 (4)
本 (6)
ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1077位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
95位
アクセスランキングを見る>>
FC2プロフ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
グーバーウォークの成長
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。